認定NPO法人REALs(リアルズ:旧日本紛争予防センター)は争いを予防し、人と人が共存できる社会をつくる国際NGO。ご寄付は寄付金控除の対象になります。

活動レポート

  • 緊急支援

REALs アフガニスタン緊急支援 ご寄付のお願い


認定NPO法人REALsでは、アフガニスタンで命の危険にさらされている人々への退避・保護支援とともに、厳しい冬を迎えて困窮する家族が生き抜くための食料・生活支援を行っています。1人でも多くの人に支援を届けるために、皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。REALsへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。

※郵便振替でのご寄付も承っております。郵便振替の場合は「通信欄」に「アフガニスタン」とご記入ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

アフガニスタンのいま

20218月、アフガニスタンではタリバンが首都カブールまで侵攻し、アフガニスタン政府は事実上崩壊しました。タリバンが暫定政府として統治するなか、女性活動家やジャーナリスト、元政府関係者、国軍・警察関係者、外国軍への協力者、外国組織の関係者などは特に危険にさらされており、脅迫、拉致、暴力、殺害などから逃れるために、多くの人が身を潜めて隠れ家を転々とする生活を続けています。彼ら・彼女らの安全を確保し、命を守るための退避・保護支援が必要とされています。

 

また、資産凍結、失業者と給与未払いの急増、干ばつなどの影響により同国内の社会経済活動は停滞し、アフガニスタンの93%の世帯が十分な食事をできておらず、今後急性栄養不良で死亡する恐れのある子どもが100万人いると報告されています。さらに、生活苦を背景とした児童婚も増加しています。厳しい冬を迎え、防寒のための燃料、衣服、テンドなど含めた食料・生活支援が急務となっています。

REALsの支援活動

現地の声を受け、REALsでは8月から、極めて深刻な命の危険にさらされているアフガニスタンの人々の国外退避と保護の支援活動を開始しました。世界各地の政府や有志団体と連携して、ほぼ連日、24時間体制で常時400人前後の人々の支援活動を継続しています。

各国政府による自国関係者退避の努力も続いていますが、命の危険があっても国外と接点がなく支援を得られない人も多くいます。REALsでは特定の国家との関係によらず、差し迫った命の危険にある人々の支援を行っています。

さらに、食料不足が深刻化している現状を受け、アフガニスタンの厳しい冬を困窮した家族が生き抜くことができるように、食料や生活費の支援を開始しました。

いま、行っている支援

  • ■退避支援

・空路による退避手段の確保

・陸路の安全な退避ルートの確保

・査証・受け入れ国の承諾の取得支援

・退避にかかる諸費用の支援 など

 

  • ■保護支援

・脅威情報の収集・分析・助言

・安全確保対策

・シェルター(隠れ家)の提供

・退避を待つ家族への生活費支援

・医療支援(シェルター(隠れ家)への医者・助産師派遣など)

・安全な通信手段の確保 など

 

  • ■食料・生活支援

・食料危機に直面する家族への食料支援

・厳しい冬を越えるために必要な燃料、テント、防寒具などの生活支援

いま、行っている支援

支援を受けている現地の人たちの声

REALsの支援を受けた現地の人たちから届いた声を紹介します。

 
【1】シングルマザー、元国連職員、女性活動家詳しく読む

【2】元アフガニスタン政府高官(詳しく読む)

 アフガニスタンから国外退避をするまでは絶望的な状態で、タリバンに逮捕・殺害されるのも時間の問題でした。直接的な脅迫を受け、隠れ家を点々とし、まともに眠れない日々が3ヶ月以上続きました。自分が死ぬ覚悟はできていましたが、9人の子どもたちと妻はどうしても救いたかった。一番幼い子どもは、まだ生まれて数週間の新生児でした。

 REALsとルミコ(REALs理事長の瀬谷ルミ子)から得たのは、退避のための直接的な支援だけではありません。恐怖と家族の命を守るプレッシャーに押しつぶされそうになっていた私にルミコは心理的なカウンセリングをほどこし、もう人生は終わりだと絶望の淵にいた時も、彼女が励まし、やる気を起こさせてくれました。支えてくれる人がいることで、退避の恐怖と危険も乗り越える勇気をもらいました。

 REALsと皆さんの支援が、私たち家族11人の命を救い、さらには安全、平和、自由がある環境へと導いてくれました。子どもたちとも、私たち一家はこの恩を一生忘れることはありません。この支援がもたらす成果と価値を皆さんに知ってもらいたいし、これからも一人でも多くのアフガニスタンの人々を救ってほしいです。

 

メッセージ全文はこちらから

【3】活動家・ジャーナリスト(女性)(詳しく読む)

私は学生のうちから地方のラジオ局のマネージャーとして、地元メディアで女性の権利のため活動してきました。しかし、女性のための活動をしていたことからタリバンの脅迫を受け、自宅は襲撃され、オフィスは焼き討ちにされました。今では私の写真をもって居場所を捜索されていると聞き、家族とも離れ離れで身を隠す生活を送っています。各地で仲間の女性たちが女性の権利のためのデモを行うことを知り、自分も勇気を振り絞って参加しましたが、開始直後にタリバンが銃を乱射し、友人の女性含め3名が亡くなりました。私たち女性が20年かけて築いてきたものが一瞬にして崩れ去り、この先自分や家族がどうなっていくのか不安で毎日怯えて過ごしています。しかし、このまま声を上げずにいたら本当に女性たちの存在が消されてしまうという思いで、今も女子教育のためのキャンペーンをしています。8月初めに脅迫と襲撃を受けてから、世界中のさまざまな機関や個人に助けを求めて連絡をしましたが、それに応えてくれたのはルミコだけでした。今は国外退避の準備も進めてもらっています。

20219月、女性の権利のためのデモの様子。

自分たちの訴えを届けたいとの本人含む女性たちの希望に基づき写真を掲載しています。

支援を受けている現地の人たちの声

【4】人権活動家(女性)と現地NGO職員(男性)の家族(詳しく読む)

 妻はアフガニスタン北部で女性活動家として著名な存在だったため、命の危険からタリバンの目を逃れ国内を転々としました。過去にも何度も殺害予告や脅迫状を受け取っていました。私たち家族は、8月の政権崩壊を受けて国外へ逃れようと試みましたが、かないませんでした。

 そんななか、REALsの支援により、国外に退避することができました。本当にありがとう。退避前は、一日を過ごすのが一年のように感じられ、すべての瞬間が苦痛でした。

人生で当たり前だった日常の全てを失い、朝から晩まで何もできず、アフガニスタンの身の回りで起きる悲しいニュースを聞きながら隠れることしかできませんでした。退避できるまでは子どもたちも精神的に厳しい状況に置かれていました。安全な国に退避して、ほぼ3ヶ月ぶりに街を歩いたときの子どもたちはとても幸せそうで、表情の変化を見て、どれだけ精神的に厳しい思いをしていたかを実感しました。

 これからも、たったひと家族でも、皆さんの支援で助けてもらえるなら、それ自体素晴らしいことです。命の危険にある人は退避の助けを必要としています。ひと家族だけでも救えるなら、アフガニスタンの人々にとって本当に貴重な支援となります。」

※退避後のインタビュー動画から抜粋しています

※左から人権活動家の女性、現地NGO職員の男性であり、右奥はご夫婦の息子さんです。
現地の状況と支援を伝えたいとの意向により公開しています。

関連メディア情報一覧

※掲載日新しい順

2022/5/24 読売新聞(WEB記事)

アフガン退避に支援を…山口大院元留学生訴え 市民団体助けで来日


2022/5/11 中國新聞(WEB記事)
アフガン退避 市民が奔走 募金やビザ取得 元留学生山口へ

2022/5/2&9 ニッポン放送『阿部亮のNGO世界一周!』(ラジオ出演)
5/2放送分)(5/9放送分

2022/4/26 読売新聞(群馬版)のコーナー『レンゲツツジ』(紙面掲載)
アフガンで続く危機

2022/4/10 TBSラジオ『荻上チキ・Session』(ラジオ出演)

国内で混乱が続くミャンマーとアフガニスタン は今どうなっているのか


2022/3/15 熊本日日新聞(WEB記事)
アフガン避難の一家、救いたい 熊本市の獣医師、身元引き受け決意 子どもたちの心のケアも…

過去の記事はこちら(開く)

2022/2/16 HUMANドキュメント&クローズアップ現代プラス(Facebook動画)
就労許されず 言葉の壁も… 続く不安な日々

2022/2/10 NHKクローズアップ現代 みんなでプラス(WEB記事)
“僕たち家族は国を追われた” アフガニスタンから日本へ 退避の記録」 

2022/1/12 NHKクローズアップ現代+(テレビ番組)
緊急ルポ アフガニスタン国外脱出」 

2022/1/10 NHKおはよう日本(テレビ番組+WEB記事)

タリバンからの殺害予告 日本に逃れたアフガニスタン人家族は

2021/12/29 毎日新聞(WEB記事)

迫る危険 日本へ退避待つアフガン人元留学生 コロナで水際強化


2021/11/1 クーリエ・ジャポン(WEB記事)
アフガニスタンの国外退避作戦をいまも続ける支援団体に『日本人から寄せられたメッセージ』

2021/10/30 Voicy日経(音声ニュース)
【インタビュー】今、アフガニスタンで何が起きているのか〜REALs理事長の瀬谷ルミ子さんに聞く

2021/10/25 NHKクローズアップ現代+取材ノート(WEB記事)
誰を先に退避させるか…委ねられる“命の選別“アフガニスタン人に迫る危機」 

2021/10/19 朝日新聞デジタル(WEB記事)
『ミス武装解除』と呼ばれた日本人 アフガンでの挫折、得た教訓

2021/10/14 ダイヤモンド・オンライン(WEB記事)
アフガニスタンで働く女性や若者に今起きていること、脅迫・迫害で生活が一変

2021/10/14 NHKクローズアップ現代+(テレビ番組)
自衛隊アフガニスタン派遣の“深層”~残された現地協力者はいま




過去のクラウドファンディング(終了)

2021/10/8~11/22の期間で国外退避と保護のためのクラウドファンディング(READYFOR)を行い、下記の通り多数の方々にご支援をいただきました。

寄付者: 1,759

寄付総額: 25,561,000


ご支援をいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

寄付金控除について

認定NPO法人であるREALsへのご寄付は、寄付金控除の対象となりご寄付の最大約5割が還付されます。REALsが発行する寄付金受領証明書(領収書)を確定申告の際にご提出ください。
領収書上の受領年月日はREALsへの入金日となります。ご寄付のお申込みからREALsへの入金に約1~2カ月かかるため、年末に近いご寄付は来年の寄付金控除の対象となる可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

ご寄付の使途に関する留意事項

本ページからのご寄付は、アフガニスタン緊急支援に使わせていただきます。支援状況やニーズの変化などにより、当初の計画より早く活動を終了した場合には、REALsの他の紛争地の支援のためにご寄付を使用させていただくことがございます。

皆さまへのお願い
REALsでは、毎月定額をご支援いただくマンスリーサポーターを募集しています(月千円~)。
継続的なご支援は、アフガニスタンを含む中東地域やアフリカ地域におけるREALsの活動を支え、現地の人々の未来を作る非常に大きな力となります。
ご寄付はこちらから
クレジットカードで簡単にご登録いただけます。
※マンスリーサポーターとしてのご寄付は使途を指定しないものとしていただいております。

一覧に戻る

あなたの会社・学校も、
私たちと一緒に活動しませんか?

ご支援・ご参加をご検討いただけます場合、一度お問い合わせフォームからご連絡ください。折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームへ

寄付で応援