理事・役員紹介

認定NPO法人REALs(リアルズ:旧日本紛争予防センター)は争いを予防し、人と人が共存できる社会をつくる国際NGO。ご寄付は寄付金控除の対象になります。

理事・役員紹介

代表あいさつ

メッセージ

田舎育ちだった私が紛争地で働くことを志したきっかけは、高校3年生のときに新聞で見たルワンダ内戦の写真。自分の手のなかに「人生を自由に選ぶ権利」があるのに、 やらない言い訳をしていた自分自身に気づかせてもらった。そして、その権利を持たない人々が世界にたくさんいることも。

単身ルワンダに向かった20歳の夏、 日本から持っていった学歴や肩書は意味を持たないことを思い知った。「身一つでどんな現場に放り込まれても、ポジティブな変化を生めるようになる」その決意を胸に、世界の紛争最前線で活動してきました。

紛争地と日本を行き来するなか気づいたのは、社会の行く末にはさまざまな選択肢があるけれど、その選択肢一つひとつに期限があるということ。そして、期限を迎えるとその選択肢を選びなおすことはできないということ。紛争や社会の崩壊も、負のうねりが大きくなってから 気づいて流れにあらがっても手遅れであること。

対岸の火事と思っていたテロや紛争が、身近に迫ってから焦っても、できることは限られていること。 壊れた建物は修復できても、失われた命は戻らない。

REALsが目指すのは、有事に劇的な救世主の到来をひたすら待ちわびるのではなく、金を出すか、軍を出すか、非建設的な他者批判をするかの三択に終始するのでもない、新たな選択肢をつくること。命が失われてから嘆くよりも、未然に防ぐ道をつくる。

命を落とした人たちが「また生まれてきたい」と思う社会を築く。紛争地にとっても日本にとっても「自分ごと」であるそんな社会づくりに、一緒に取り組んでください。

経歴

群馬県桐生市生まれ。中央大学総合政策学部卒業。英国ブラッドフォード大学紛争解決学修士号取得。専門は紛争・暴力的過激主義の予防、兵士の武装解除・動員解除・社会復帰(DDR)、治安改革、平和構築など。国連PKO、NGO職員、外交官として中東、アフリカ、アジアの紛争地で活動。2007年より日本紛争予防センター(現REALs)の事務局長に就任、2013年より現職 。JCCP M株式会社取締役。    第二回秋野豊賞(2000年)、 UN 21 Awards(国連シエラレオネ・ミッションでの勤務に対し国連より授与、2003年)、ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人25人」(2011年)、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012準大賞、エイボン女性年度大賞(2012年)、日経ビジネス「未来を創る100人」(2012年)、イギリス政府主催International Leaders Programme (2015年)などに選出。 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」など現在までに300以上の国内外メディアに活動が取り上げられているほか、CROWN(三省堂)など複数の高校英語教科書にも掲載。国内外の政府、教育機関、自治体等の有識者や評議員も数多く歴任。著書に「職業は武装解除」(朝日新聞出版)など。

取材・講演依頼について

理事長 瀬谷ルミ子

職業は武装解除

『職業は武装解除』(朝日新聞出版)

ご購入はこちら

理事・役員

  • 顧問
    明石 康

    元国連事務次長

    明石 康
  • 理事長
    瀬谷 ルミ子

    JCCP M株式会社取締役

    瀬谷 ルミ子
  • 理事
    植村 高雄

    特定非営利活動法人CULLカリタスカウンセリング学会会長

    植村 高雄
  • 理事
    小川 和久

    静岡県立大学特任教授

    小川 和久
  • 理事
    宮下 幸子

    ユイット株式会社代表取締役

    永井 恒男
  • 理事
    永井 恒男

    アイディール・リーダーズ株式会社代表取締役

    中土井 僚
  • 理事
    中土井 僚

    オーセンティックワークス株式会社代表取締役

    宮下 幸子
  • 監事
    柴田 秀孝

    株式会社エムアールエス顧問

    柴田 秀孝

あなたに出来る方法で
REALsの活動を支えてください。

寄付で応援