認定NPO法人REALs(リアルズ:旧日本紛争予防センター)は争いを予防し、人と人が共存できる社会をつくる国際NGO。ご寄付は寄付金控除の対象になります。

活動レポート

  • 争い予防
  • 緊急支援

南スーダン:栗田工業株式会社様のご支援により、 マンガテン国内避難民キャンプのハンドポンプの修繕を完了

2021年12月上旬、栗田工業株式会社(以下、栗田工業のご支援により南スーダンの首都ジュバにあるマンガテン国内避難民キャンプに設置されているハンドポンプの修繕完了しました。

ポンプとつながる水道管の洗浄を兼ねた、動作試験の様子が動画で現地から送られてきました。
女性や子どもたちがポンプ見ようと集まってきています。
(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=eJzP69GrwJg


このポンプ
修繕により
新たに約700~1,000人生活に必要な水、遠くまで汲みに行かずに手に入れることができるようになります(ポンプの水は飲料用にも使うことができます)遠方への水汲みはその道程で性暴力リスクが高く、水汲みを担うことの多い女性や子どもたちにとって危険の大きいものです。生活圏内にあるポンプの修繕、女性や子どもがさらされる性暴力のリスクを軽減し尊厳や命を守ることにつながります。 

動画内から抜粋

今回修理されたハンドポンプ、住民自身の管理によって長く活用れることが期待されています。そのためにREALs、栗田工業の支援プロジェクトのなかで、現地の水資源管理委員会*よくある故障に対する修理方法の指導や修理ツールの提供も行いました。

*水資源管理委員会:国内避難民キャンプの住民によって自発的に組織された管理グループ(日本の自治会に近い)。限られた水資源の公平な分配を決めたり、衛生状態を定期的に確認したりといった活動を行っています。


マンガテン国内避難民キャンプ
には
約12,000約2,200世帯)が生活してます。人数に対してキャンプ内でのへのアクセスは非常に限られており、周辺住民との水資源を巡る対立や、衛生状態の悪化、遠方への水汲みによる性暴力のリスクなどさまざまな問題の要因となっています。REALsでは2019年から栗田工業のご支援をいただき、井戸やトイレの設置、整備された設備を住民が協力して長く使えるようにするための研修などを行っています。 

皆さまへのお願い
REALsでは、毎月定額をご支援いただくマンスリーサポーターを募集しています(月千円~)。
継続的なご支援は、アフガニスタンを含む中東地域やアフリカ地域におけるREALsの活動を支え、現地の人々の未来を作る非常に大きな力となります。
ご寄付はこちらから
クレジットカードで簡単にご登録いただけます。

一覧に戻る

あなたの会社・学校も、
私たちと一緒に活動しませんか?

ご支援・ご参加をご検討いただけます場合、一度お問い合わせフォームからご連絡ください。折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせフォームへ

寄付で応援